【旅行】早朝に成田空港まで行く方法【LCC】

旅行

こんにちは。

今回は、

  • 格安で海外旅行に行く際にLCCを利用すると成田空港に早朝についていなければならない。
  • 現地での滞在時間を長くするために早朝から出発したい。

なんて人向けに早朝の便に間に合わせる方法を紹介します。

筆者は、朝がめちゃくちゃ弱いです。

でも旅行の便は、大体LCCで取るので毎回早朝だったりします。

特に旅行前日は、明日からバカンス!とか考えて気持ちが高揚して眠れないなんてことが、多いです(笑)

国際線で出発2時間前、国内線で出発1時間前には成田空港に着いていたい。

成田空港のサイトで調べたところ国内線の最初の便は7時台、国際線は、8時台からあります。

早い人で6時までに着いている必要がありますので、6時に着く方法を紹介します。

高速バスを利用する

東京シャトル(京成バス)

THEアクセス成田

東京駅から成田空港までは、1時間程で到着しますので、

東京駅5時発までのバスを利用すれば6時に到着することが可能です。

深夜便は、1時から走っていますので、終電で東京駅まで行き高速バスで成田空港へ行き出発までゆっくり過ごす使い方ができます。

また東京シャトル利用者向けに大江戸温泉物語割引があります。

平日大人1名2,720円(税込)のところ1,770円(税込)で利用でき、

東京シャトル事前予約で900円ですので大江戸温泉物語を利用する価格で高速バスも利用できてしまうのです。

当然、大江戸温泉物語発の高速バスがあります。

筆者も一度利用したことがあります。

行くと飲食してしまうので+1,000~2,000円くらい使ってしまうのですが、

仕事で疲れた身体を温泉で癒やし、仮眠を取って空港へ向かうことができます。

大江戸温泉物語の他にも神田にできた「RAKU SPA 1010 神田」を利用するのもありかと思います。

銭湯&コミック・雑誌&コワーキングスペースがあり、銭湯でさっぱりしてリラックスして過ごすもよし、

仕事しながら過ごすもよしです。

深夜1時を過ぎると深夜料金がかかってしまうので注意が必要です。

第2ターミナルにあるカプセルホテルを利用する

9h ninehours(ナインアワーズ)

前日の終電で成田空港へ行く

第一、第二、第三ターミナルとも24時間利用できるエリアが、あります。

早朝便をご利用のお客様へ

スカイライナー・成田エクスプレスを利用する

スカイライナーの一番早い到着で6:39(第2ターミナル)、6:42(成田空港)

成田エクスプレスは、7:15(第2ターミナル)、7:18(成田空港)

でした。(2019/5/19現在)

国内線8時発、国際線9時発であれば利用可能です。

あとがき

今回は、成田空港の早朝便を利用するための移動方法を紹介しました。

みなさんの参考になれば幸いです。

朝が弱い筆者のオススメは、大江戸温泉物語を利用しつつ高速バスで移動する方法ですね。

スカイライナーを利用するのと同価格で、利用できるのがお得感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました